内視鏡検査休止と一般健康診断実施のご連絡について(2020/12/28)

ご利用者様 各位

社会医療法人春回会 春回会クリニック

院長 高橋 淳

内視鏡検査休止と一般健康診断実施のご連絡について

拝啓 日頃より当院事業について、ご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

県内の新型コロナウィルス感染者が増加しており、長崎県もステージ2からステージ3へと警戒警報が発令されています。また長崎市内の医療機関においても、増加傾向となっております。
今回、当院においては年末の3日間(12月25日〜12月28日)を一旦休止し、受診者の皆様のご理解とご協力をいただいたところでした。
ただ現状、感染者の減少の兆しが見えません。更に年末年始休暇をはさむため、年明けての状況も不透明です。
このような状況の中、当院として改めて今後の運営に関して検討いたしました。
その結果、健康診断はそのまま実施いたしますが、感染リスクの高い内視鏡検査の休止を決定いたしました。
合わせて、内視鏡検査に代わる胃透視検査への振り替え又は減額措置をご提案させていただきます。
健診受診及び外来受診を予定されている利用者の皆様におかれましては、大変ご迷惑をおかけいたしますがご理解の程よろしくお願いいたします。

なお、本日現在、当院内の職員に新型コロナウィルスの感染はありません。

<内視鏡検査休止等の内容>

休止期間:2021年1月5日(火)~1月31日(日)まで

※内視鏡検査のみの休止となり、一般健康診断については通常通り2021年1月5日(火)より実施いたします。
※長崎県内等の感染の状況により、延長する場合がございます。変更となり次第、ご連絡いたします。

減額措置:ドック料金から 内視鏡検査 6,000円  大腸内視鏡検査 8,000円

※受診者の自己負担が設定されている団体様につきましては、優先的に受診者負担分から減額とさせていただきます。