健診のご案内

ホーム > 健診のご案内 > 特定健診・特定保健指導

平成20年より40歳以上75歳未満の被保険者及び被扶養者を対象に生活習慣の改善支援を目的として、特定健診・特定保健指導が開始されました。

特定健診の内容

基本的健診項目

  • 問診(服薬歴・喫煙歴等の問診)
  • 身体計測(身長・体重・BMI・腹囲)
  • 血圧測定
  • 血液検査(脂質・血糖・肝機能)
  • 尿検査(蛋白・糖)

詳細な検査項目(対象となった方に実施)

貧血検査 貧血の既往歴を有する者又は視診等で貧血が疑われるもの
心電図検査 前年度の健診結果等において、下記に示す判定基準にすべて該当した者
眼底検査 すべて該当した者(※ただし、診察時に医師が必要と認めた場合)

判定基準

血圧 最高血圧 130mmHg以上 又は 最低血圧85mmHg以上
脂質 中性脂肪150mg/dl以上 又は HDL-Cコレステロール40mg/dl未満
血糖 空腹時血糖100mg/dl以上 又は HbAicの場合5.2%以上
肥満 腹囲 男性85cm以上、女性90cm以上 又は BMI25以上

特定保健指導とは

特定健診の結果から、その要因となっている生活習慣を改善するための保健指導をいいます。
特定保健指導は、特定健診の結果をもとに、内臓脂肪蓄積の程度とリスク要因の数に着目して、リスクの高さに応じてレベル別(動機づけ支援、積極的支援)に特定保健指導の対象者の選定を行い、実施します。(階層化)

動機づけ支援 生活習慣の改善を促す原則1回の支援をします。
積極的支援 生活習慣の改善のため3ヶ月以上、複数回にわたり継続的な支援をします。医師・保健師・管理栄養士が行動計画を作成し生活習慣改善に取り組めるようにサポートします。

特定保健指導選定の基準(階層化)

腹囲 追加リスク 対象
(1)血糖 (2)脂質 (3)血圧 (4)喫煙歴 40〜64歳 65〜74歳
男性85cm以上
女性90cm以上
2つ以上該当 - 積極的支援 動機づけ支援
1つ該当 あり
なし  
上記以外 2つ以上該当 あり 積極的支援  
なし 動機づけ支援
1つ該当 -

判定基準

血糖 空腹時血糖100mg/dl以上 または HbAicの場合5.2%以上
脂質 中性脂肪150mg/dl以上 または HDL-Cコレステロール40mg/dl未満
血圧 収縮期130mmHg以上 または 拡張期85mmHg以上
ただし、糖尿病・高血圧または脂質異常症の治療にかかる薬剤を服用している人は除きます。

このページの先頭へ