部門紹介

ホーム > 部門紹介 > その他の部門

栄養部

部門概要

  • 当院栄養科は、管理栄養士3名、栄養士1名で構成され、給食部門は一部委託給食となっています。
  • 栄養科は、「高齢化する地域社会を支える医療・介護(栄養管理)」「専門性を活かし地域連携を推進する」「介護の支援・在宅復帰を意識したチーム医療」を目標としています。

給食部門

  • 主治医の指示のもと、患者様の病態に合わせたお食事を提供しています。
    • エネルギーコントロール食
    • 塩分制限食
    • 蛋白制限食
    • 脂質制限食
    • 嚥下食
  • 食事制限のない患者様に対し、朝・昼の選択メニューを行っています。
  • 入院中の患者様にも季節感を感じて頂けるように、節句などの行事や四季に合わせ、月に1回行事食を行っています。
    四季折々の食材を使用し、重箱に盛り付けて提供しています。
    食事制限のある方にも、安心してお楽しみいただける様、調理法や食材を工夫し提供しています。
1月 お節料理 7月 七夕弁当
2月 節分 恵方巻き 8月 原爆記念日 郷土料理
3月 ひなまつり弁当 9月 月見弁当
4月 お花見弁当 10月 おくんち弁当
5月 五月弁当 11月 紅葉弁当
6月 紫陽花弁当 12月 クリスマス料理

ひなまつり弁当
ひなまつり弁当

七夕弁当
七夕弁当

おくんち弁当
おくんち弁当

クリスマス料理

栄養管理部門

  • 栄養管理
    管理栄養士が、入院時に栄養管理計画書を作成し、個々に見合った栄養療法を提供しています。
    また、特に栄養療法が必要な患者様に対しては、栄養に関する情報を多職種で共有し、生活習慣病ユニット、 栄養サポートチーム、褥瘡チーム、嚥下チーム、呼吸器チーム等と連携し、チーム医療に取り組んでいます。
  • 栄養サポートチーム回診
    栄養サポートチーム回診

  • 栄養相談
    生活習慣病、炎症性腸疾患、術後、その他食事療法が必要な患者様に対し、医師の指示のもと、入院・外来で栄養相談を行っています。
    また、糖尿病や脂質異常症、高血圧、メタボリックシンドロームなどの患者様に対しては、生活習慣病ケアユニットと連携し、食事だけでなく、療養生活を支援できるように取り組んでいます。

  • その他イベント
    外来糖尿病教室(2回/年)
    地域事業:ゲンキーズ(2回/年)

外来糖尿病教室
外来糖尿病教室
〜美味しい麺類のお話し〜

外来糖尿病教室
外来糖尿病教室
〜美味しい麺類のお話し〜

ゲンキーズ
ゲンキーズ
〜ご家庭の味噌汁の塩分測定〜

医療相談室

病気や、入院になったりすると生活の上でも色々な心配事が出てきます。医療相談室には、医療ソーシャルワーカー(MSW・相談員)がおり、そうした心配事のご相談をお受けし、問題解決のお手伝いをさせて頂きます。

例えば・・・

  • 入院を勧められているが医療費のことがとても心配
  • 病気のために仕事ができず生活に困っている
  • 転院先を探したいがどうしていいかわからない
  • 退院後ヘルパーさんに来てもらいたいがどうしたらよいのか
  • 身寄りがなくこれからの生活が不安
  • 介護保険やほかの福祉制度が知りたい
  • 施設について知りたい

いつでもお気軽に医療相談室をご利用ください。 (入院中の方は、看護師に伝えていただければ、いつでも病室までお伺いします。)

このページの先頭へ

検査部

私たち検査部は臨床検査技師10名が超音波検査を中心に生理検査、輸血検査、健診部門検査に分かれて業務を行なっています。超音波検査においては、5名の技師が各領域の超音波認定技師免許を取得して検査に携わっています。どの分野においても、安全でより質の高い検査データを提供できるように技師全員で知識向上に取り組んでいます。

平成13年より導入した睡眠ポリグラフ検査は、最近メディアでも注目を浴び、検査数も年々増加しています。夜間の無呼吸をご家族に指摘されている方、いびきや昼間の眠気・頭痛でお悩みの方は当院呼吸器内科にご相談ください。

このページの先頭へ

医事課

医事課は患者様が最初と最後に接する病院の窓口です。受付・患者様のご案内・会計・保険請求・診療録管理業務、また総合案内や医療相談などの対応も行っています。

各病棟にはクラークを配置し、病棟に於ける医事業務全般を行っています。
井上病院の医事課は下記の理念をモットーに真心込めた笑顔で対応する事を心懸けています。

  1. 救急病院として対応は的確かつ迅速、誠実に。
  2. 対応、接客は心配りを忘れずに。
  3. 患者様より先に挨拶、声掛けを。
  4. 医事入力、会計は確実に。

このページの先頭へ

薬局

私たち薬局は正確かつ迅速な調剤を目標に日々頑張っています。
薬局では薬を作る調剤業務の他に、患者様への薬の説明、注射薬の管理・供給、血液製剤の管理、他部署への医薬品情報の提供などを行っています。患者様が服用される薬の効果や副作用を予め知っておくことはとても大切な事です。私たち薬剤師は薬の専門家として、患者様お一人お一人が安心して薬を服用して頂くためのお手伝いが出来ればと思っています。

薬に関する疑問・ご相談などございましたらお気軽に声をお掛け下さい。

このページの先頭へ

放射線科

当院の放射線科は放射線科医1名、診療放射線技師5名、受付スタッフ1名で構成されています。職務内容は単純撮影(一般撮影)、CT検査、MRI検査、透視検査、血管造影などがあります。また、隣接されてある健診センターにてマンモグラフィ(乳房撮影)を行っています。
どのような検査か簡単に説明してみます。

単純撮影 俗にレントゲンと呼ばれ最初に行う検査として定着しています。手段は容易ですが豊富な情報を得ることができるため、最も多く利用されています。胸部、腹部、骨や関節などを診断する場合に用いられています。
マンモグラフィ 乳房の単純撮影のことを示します。撮影をする際は、高度な技術を持った認定技師が行いますので安心して検査を受けてください。
CT コンピュータ断層撮影のことで、X線を用いて人体の横断面を撮影します。当院では複数の検出器が装着されたマルチスライスCTの導入によって、一回転で複数のスライス面の情報を一度に得ることが可能になり、短時間で広範囲の断面像を得られます。また、造影剤を用いてさらに詳しく検査を行ったり、画像処理を行うことで血管などの立体写真(3D)や様々な断面像を作製したりすることができます。
MRI 電波と磁石の力を利用して、人体の様々な断面像を撮影します。大きな音がしますが痛みなどはありません。貴金属などを身につけておきますと磁石に引き寄せられたり、画像がゆがんだりします。また、手術などで体内に金属がある場合は検査が出来ないことがあります。
透視検査 消化管造影検査、いわゆるバリウム検査(胃腸透視、大腸透視)が主に行われます。そのほかにも経皮経肝胆道ドレナージ(PTCD)や内視鏡部門的逆行性胆管膵管造影(ERCP)などの検査も行われます。
血管造影 全身の様々な臓器の血管にカテーテルという細い管を通して、造影剤を流して血管の連続写真を撮影する検査です。血管造影の技術を応用して,狭くなった血管を拡げる血管拡張術(PTA)や腫瘍を栄養する血管を塞いで治療する動脈塞栓術(TAE)等も積極的に行っています。

このページの先頭へ

手術部

当院の手術部は、中材業務も兼ねスタッフ数5名、日勤プラスオンコール体制で、年間約300件の手術に対応しています。

手術は主に午後からとなっており、午前中は手術の準備、術前の患者様訪問、中材業務を行っています。

手術は主に消化器外科が中心で全体の約8割にあたります。その他に胸部外科、形成外科の手術も行っております。特に術前訪問には力を入れており、患者様に安心して手術を受けて頂けるよう各人に合った術前訪問を行うよう努めています。

このページの先頭へ