病院指標

平成28年度井上病院 病院指標

 

年齢階級別退院患者数

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 46 101 112 237 376 590 752 844 342

 

当院は、地域医療を担う急性期病院であり地域の保険医と共同で診療を行う開放型病床を有しております。 また今後は高齢者の増加が見込まれることから、高齢者の地域での生活を支えるためにも地域包括ケアシステムの構築に取り組んでおります。

 

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

■内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 59 26.15 18.64 87.83
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 52 20.56 11.54 79.35
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 42 17.07 9.52 78.93
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 16 21.63 6.25 87.00
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-1あり 副傷病なし 14 35.14 42.86 67.07

 

当院の内科は、呼吸器・腎臓・消化器内科等の専門医が勤務しております。 救急病院のため高齢者の誤嚥性肺炎での緊急入院が多い傾向にあります。 平均在院日数では全国平均とほぼ同様となっておりますが、平均年齢においては高齢化傾向にあります。

 

■呼吸器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 44 20.66 11.36 87.86
0400801499×001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 18 11.72 0.00 82.50
0400801299×000 肺炎等(市中肺炎かつ15歳以上65歳未満) 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 15 8.93 0.00 42.27
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2-なし 14 24.00 7.14 77.71
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-あり 手術・処置等2-なし 14 5.93 0.00 67.43

 

肺炎は病院全体の診療科で治療にあたりますが、呼吸不全等の専門的治療が必要な場合には呼吸器内科の専門医で対応しております。 また、退院支援としてリハビリテーションを積極的に行っております。 内科の項でも述べたとおり平均年齢が高齢化傾向にあります。

 

■消化器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
 060102xx99xxxx  穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 48 6.54 2.08 59.19
 150010xxxxx0xx  ウイルス性腸炎 手術・処置等2-なし  40 5.28 2.50 52.30
 060340xx03x00x  胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2-なし 副傷病なし  33 11.88 3.03 72.39
 060210xx99000x  ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 29 8.52  3.45 71.41
 060190xx99x0xx  虚血性腸炎 手術なし 手術・処置等2-なし 23 6.70  4.35 71.91

 

当院は、消化器内科の専門医も多数在籍しており、憩室性疾患や手術の必要な消化管出血・ウイルス性腸炎など多岐にわたる疾患に対応しております

 

■循環器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
 050130xx99000x  心不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 62 21.26 4.84 83.65
 040081xx99x00x  誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 37 22.38 10.81 85.81
 050070xx99000x  頻脈性不整脈 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 12 10.33 0.00 82.42
 110310xx99xx0x  腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 17.22 22.22 85.00
 050130xx99020x  心不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-2あり 副傷病なし 23.86 0.00 91.00

 

循環器内科では、高齢者の心不全患者様が多数を占めております。 先にも述べた通り、循環器内科においても肺炎患者様の治療を多数行っております。

 

■外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
 060035xx99x60x  結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-6あり 副傷病なし 39 3.08 0.00 71.92
 060335xx02000x  胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 33 7.52 0.00 57.06
 060150xx02xxxx  虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの等 25 8.08 0.00 45.68
 060020xx99x30x  胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-3あり 副傷病なし 21 3.00 0.00 74.29
 060040xx99x50x  直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-5あり 副傷病なし 12 2.92 0.00 59.08

 

外科では結腸の悪性腫瘍術後の化学療法を行っている患者様が多数おられます。 また、虫垂炎の緊急手術や胆嚢炎の腹鏡下での胆嚢摘出術・大腸癌や胃癌の手術も行っております。

■形成外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
 070010xx970xxx  骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1-なし 6.33 0.00 55.50
 160100xx99x00x  頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 7.20 0.00 81.40
 160660xxxx0xxx  皮下軟部損傷・挫滅損傷、開放創 手術・処置等1-なし 5.50 0.00 45.50
 080011xx99xxxx  急性膿皮症 手術なし 10.25 0.00 74.50
 180060xx97xxxx  その他の新生物 手術あり 6.00 0.00 91.00

 

形成外科では、粉瘤などの皮膚・皮下腫瘍摘出術、外傷による治療を要する患者様が上位を占めております。 全体的に全国の平均在院日数より短めとなっております。

 

■脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
 160800xx99xx0x  股関節大腿近位骨折 手術なし 副傷病なし 5.00 100.00 50.00
 010060×2970220  脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) その他の手術あり 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-2あり 副傷病2あり 22.00 0.00 96.00

 

脳神経外科では、全国平均在院日数と比較すると短期間での退院となっております。 当院では、退院支援に向けて積極的なリハビリテーションを実施しています。

 

■眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
 020230xx97x0xx  眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2-なし 5.00 0.00 78.50
 020110xx97xxx0  白内障、水晶体の疾患 手術あり 5.00 0.00 88.00
 020240xx97xxx0  硝子体疾患 手術あり 10.50 0.00 59.00
 020320xx97xxxx  眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり 5.00 0.00 81.50
 020110xx99xxxx  白内障、水晶体の疾患 手術なし 3.00 0.00 75.00

 

集計条件の関係で表には表れておりませんが、当院では白内障に対する硝子体手術を多数行っております。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

初発 再発 病期分類基準(※) 版数
StageⅠ StageⅡ StageⅢ StageⅣ 不明
胃癌 10 12 23 6,7
大腸癌 25 16 17 27 6,7
乳癌 12 6,7
肺癌 7
肝癌 6

 

※1:UICC TNM分類、 2:癌取扱い規約

胃癌・大腸癌に関しては、ステージ初期のものについては内視鏡的治療を行う例が多く、大腸癌ではステージⅢ、Ⅳの症例に対して外科的治療や化学療法を行っています。
乳癌ではステージⅣの患者様に対し外科的治療を行う例が多い傾向にあります。
肺癌に対しては主に科学療法を行っていますが、外科的治療を行う例もあります。

 

成人市中肺炎の重症度別患者数等

患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症 35 8.86 50.91
中等症 18.25 84.50
重症 66 15.8 83.36
超重症 19.00 76.00
不明

 

成人市中肺炎の重症度別患者数は中等症の患者が66名と一番多くなっています。 平均年齢も83.36歳と高齢化傾向になっており、平均在院日数も延びてきております。

脳梗塞のICD10別患者数等

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 4.00 61.00 0.00
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 19 16.74 68.68 10.34
その他 10 15.10 85.20 6.90
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他 2.00 60.00 0.00
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他

 

発症から3日以内の脳梗塞が19名と最も多くなっています。
当院での急性期の治療を修了したのち、専門的なリハビリテーションを行うために地域の医療機関に転院されます。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

■内科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 11 30.27 18.45 9.09 79.73
K2762 網膜光凝固術(その他特殊) 11.50 15.50 0.00 54.50
K2761 網膜光凝固術(通常) 6.50 11.00 0.00 71.50
K0003ロ 創傷処理(筋肉、臓器に達する)(長径10cm以上)(その他) 4.00 43.50 50.00 75.00
K0871 断端形成術(骨形成を要する)(指) 5.00 85.00 0.00 79.00

 

内科の手術では、人工透析中の患者様に対するシャント拡張術や、糖尿病の合併症である眼科疾患に対する手術が行われております。
当院では、人工透析を行っておりますので、シャント拡張術・血栓除去術の件数が多くなっています。

■呼吸器科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K6181 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(四肢) 19.00 28.00 33.33 82.00
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 27.50 33.00 0.00 73.00
K653-3 内視鏡的食道及び胃内異物摘出術 3.00 5.00 0.00 88.00
K5091 気管支異物除去術(直達鏡) 0.00 10.00 0.00 83.00

 

嚥下機能の低下により、誤嚥性肺炎での入院が多くなっており経口摂取能力が低下した患者様に対して栄養摂取のために胃瘻造設や中心静脈の手術が行う事があります。

 

■消化器科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 248 0.35 1.11 0.00 63.70
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 29 0.79 14.97 3.45 75.34
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 21 0.29 2.33 0.00 63.33
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 13 0.15 6.00 0.00 71.77
K654 内視鏡的消化管止血術 13 0.77 10.46 7.69 69.85

 

当院では内視鏡的ポリープ切除術を積極的に行っております。基本は一泊二日ですが、前処置のため二泊三日で行う場合もありますが開腹ではないので、比較的患者様の負担も軽く短期間で退院する事ができます。

 

■循環器科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極 4.25 14.00 0.00 85.00
K597-2 ペースメーカー交換術 1.00 13.00 0.00 87.50
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 1.00 19.00 0.00 64.00
K654 内視鏡的消化管止血術 0.00 13.00 0.00 52.00
K596 体外ペースメーキング術 0.00 22.00 0.00 73.00

 

当院での循環器内科の主な手術は、ペースメーカー関連となっております。
地域の高齢化に伴い、平均年齢も高齢化傾向となっています。


■外科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 39 1.79 5.44 0.00 56.56
K6335 鼠径ヘルニア手術 26 2.65 4.58 0.00 67.69
K7182 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) 24 0.13 6.92 0.00 46.67
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 10 5.9 13.80 0.00 74.50
K6552 胃切除術(悪性腫瘍手術) 5.50 20.33 0.00 70.67

 

当院では外科的手術も多数行っております。
集計条件の関係でDPCコード別には件数として表れていませんが、鼠径ヘルニア手術も積極的に行っています。

■形成外科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) 1.00 3.67 0.00 52.00
K0151 皮弁作成術、移動術、切断術、遷延皮弁術(25cm2未満) 1.00 3.67 0.00 69.33
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) 1.00 2.67 0.00 48.33
K0484 骨内異物(挿入物を含む)除去術(その他) 1.00 1.00 0.00 70.00
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) 1.00 5.5 0.00 61.00

 

DPCコード別の項でも説明したように形成外科では、粉瘤などの皮膚・皮下腫瘍摘出術、外傷による手術が上位となっています。

■眼科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 343 1.00 2.99 0.29 77.52
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 1.00 6.29 0.00 62.29
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 1.00 3.00 0.00 78.50
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(縫着レンズ挿入) 1.00 3.00 0.00 88.00
K279 硝子体切除術 2.00 3.00 0.00 92.00

集計条件の関係でDPCコード別には件数が入っていませんでしたが、当院では、白内障手術を積極的に行っている事が患者数からもお判り頂けると思います。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0.00
異なる 0.26
180010 敗血症 同一 16 0.47
異なる 19 0.56
180035 その他の真菌感染症 同一 0.03
異なる 0.06
180040 手術・処置等の合併症 同一 0.21
異なる 0.03

 

当院は二次救急病院であり地域医療を担う急性期病院です。
肺血症の症例が多くなっているのは急性期の重症な患者様を受け入れていることを表しております。
また、別の疾患で入院し重症な合併症のため敗血症を発症した症例が19件となっております。

過去の病院指標

平成27年度 病院指標

 

更新履歴

2017/09/29  平成28年度 病院指標 公開

2016/09/29  平成27年度 病院指標 公開