施設基準

当院が九州厚生局に届出している施設基準は、以下の通りです

●急性期一般入院料1
●診療録管理体制加算2
●医師事務作業補助体制加算1(15対1補助体制加算)
●25対1急性期看護補助体制加算(看護補助者5割以上)
夜間50対1急性期看護補助体制加算
夜間看護体制加算
●看護職員夜間16対1配置加算
●療養環境加算
●重症者等療養環境特別加算
●栄養サポートチーム加算
●医療安全対策加算1
●感染防止対策加算2
●患者サポート体制充実加算
●総合評価加算
●後発医薬品使用体制加算1
●データ提出加算2
●入退院支援加算1
●認知症ケア加算2
●地域包括ケア入院医療管理料2
●入院時食事療養(Ⅰ)
●糖尿病合併症管理料
●がん性疼痛緩和指導管理料
●がん患者指導管理料イ
●がん患者指導管理料ロ
●糖尿病透析予防指導管理料
●夜間休日救急搬送医学管理料の注3に掲げる救急搬送看護体制加算
●ニコチン依存症管理料
●開放型病院共同指導料(Ⅱ)
●がん治療連携指導料
●薬剤管理指導料
●検査・画像情報提供加算及び電子的診療情報評価料
●医療機器安全管理料1
●検体検査管理加算(Ⅳ)
●時間内歩行試験
●画像診断管理加算2
●CT撮影及びMRI撮影
(16列以上64列未満マルチスライスCT、1.5テスラ以上3テスラ未満MRI)
●外来化学療法加算1
●無菌製剤処理量
●脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
●運動期リハビリテーション料(Ⅰ)
●呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
●がん患者リハビリテーション料
●人工腎臓(慢性維持透析を行った場合1)
●導入期加算2及び腎代替療法実績加算
●透析液水質確保加算及び慢性維持透析濾過加算
●下肢抹消動脈疾患指導管理加算
●上顎骨形成術・下顎骨形成術(骨移植を伴う場合に限る)
●ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術
●早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術
●医科点数表第2章 10部手術の通則の16に掲げる手術 胃瘻造設術
●胃瘻造設時嚥下機能評価加算
●輸血管理料Ⅱ
●麻酔管理料(Ⅰ)

医科点数表第2章第10部手術通則第5号及び第6号に掲げる手術件数(2017年1月~2017年12月実績)

区分1に分類される手術
・肺悪性腫瘍手術等;2件

区分2に分類される手術;0件

区分3に分類される手術;0件

区分4に分類される手術(歯科以外)
・胸腔鏡下肺切除術;1件
・胸腔鏡化試験切除術;0件
・腹腔鏡下胆嚢摘出術;30件
・腹腔鏡下腸管癒着剥離術;1件
・腹腔鏡下胃腸吻合術;0件

その他の区分に分類される手術
・人工関節置換術;56件
・ペースメーカー移植及びペースメーカー交換術;5件