ひまわりの日常

ホーム > ひまわりの日常 > 業務内容について

業務内容について

一日の流れはどうなってるの?

8:45〜9:00 朝礼
9:00〜9:30 訪問準備、移動
9:30〜10:30 訪問
10:30〜11:00 移動
11:00〜12:00 訪問
12:00〜12:15 移動
12:15〜13:15 休憩
13:15〜14:00 カルテ記載、移動
14:00〜15:00 訪問
15:00〜15:30 移動
15:30〜16:30 訪問
16:30〜17:30 移動、記録報告

訪問時間は利用者によって違います。
30分もあれば1時間30分以上かかる方もいらっしゃるので、時間は前後する事になります。
また、担当者会議や退院前カンファランス、主治医への報告相談、物品調達などは、時間調整や訪問調整を行います。

体制について(勤務時間・スタッフ数・車はどうなっているの?・一日の訪問件数は?)

勤務時間 8:45〜17:30 土曜日は13:00まで
スタッフ人数 看護師8名(1名は育休中)、准看護師1名、事務1名
各自公用車にて訪問
1日の訪問件数 基本4件(午前中2件、午後2件)

患者緊急時の対応について

時間外の場合 → 待機当番が対応します。(自宅待機)
時間外にひまわりの代表番号に電話がかかると、待機当番者のひまわり携帯電話へ転送されます。電話にて状況を判断し必要な時は訪問します。
急を要すると判断した場合、救急車で病院を受診してもらっています。
臨時訪問した場合、様子をみるか、救急搬送するか等の判断をします。主治医へ報告し、対応方法の指示を受けます。

実際の業務内容について

  • 病状・障害の観察
  • 清拭・洗髪等による清潔の保持、入浴・食事介助及び指導、排泄等日常生活の世話
  • 褥瘡の予防及び処置、リハビリテーション、ターミナルケア、認知症ケア
  • 療養生活や介護方法の指導
  • カテーテル等の交換・管理、その他医師の指示による医療処置
  • 医療機器の管理、など

訪問の実際としては、例えば、状態観察し、じっくり話を聞き不安軽減に努める1時間の訪問もあれば、気管切開し人工呼吸器装着、胃瘻造設している利用者に対して、グリセリン浣腸と摘便で排便コントロールし、清拭・更衣、口腔ケア、気切部処置、胃瘻管理、肺ケア、吸引、呼吸器管理など行う1時間の訪問もあります。
後者の場合のケアは、訪問介護もしくは家族とペアを組んで行っています。

備品が無い中での工夫等、又困ったことはありますか?

  • 点滴台の代わりにS字フックや針金ハンガーを使用
  • 陰部洗浄ボトルに食器洗い洗剤容器を使用
  • 排便の処理に使い捨てのボロ布を使用
  • 膀胱洗浄用のカップは空きビンを使用などしています。

訪問する前に忘れ物はないか? 自宅に物品の補充忘れがないか?等の確認作業がとても大切です。ステーションに取りに戻ると、無駄な時間を費やすことになりますし、次の訪問への影響も出てきます。

受け持ちは何人位ですか?体制はどうなっていますか?

  • ステーションの利用者数:H26年5月現在82名(実利用者79名)
  • 受け持ち数:10名前後
  • スタッフ各自:月曜日から金曜日まで、何時から何時まで誰に訪問するか決めています。
  • 週1回訪問の利用者は、受け持ちが訪問しています。
  • 週2回以上訪問の利用者は、複数で関わるようにしています。

記録はどうしているんですか?

【日々の記録】

訪問看護の提供日、提供した具体的なサービスの内容、利用者の心身の状況、家族の心身の状況、その他必要な事項を記録します。
記録は、ステーションに戻ってから行っています。
電子カルテではないので、紙ベースになります。

【月単位の記録】

主治医への報告書、計画書になります。

【受け持ちが記載する記録】

病歴や家族構成、家庭での介護の状況、家屋の状況、日常生活動作の状況、保健福祉サービスの利用状況などを記録します。(初回訪問時)
ADL評価表(3か月毎)
褥瘡危険因子評価表、褥瘡対策に関する計画書、入院時は看護サマリ  など

病院から欲しい情報はなんですか?

  • 退院して、処置等が継続して必要な時は、具体的な処置の方法を教えて欲しいです。
    (退院してからも、継続して同じ処置を受けられることで、利用者・家族の安心に繋がります。直接見学等が必要な時は、時間調整して病棟へ訪問します。)
  • 家族へ指導したパンフレット等があれば、サマリと一緒に頂きたいです。
  • 物品の中で、退院後自己購入が必要な場合は、どこの業者から購入しているのか、値段はどれくらいか、なども教えて欲しいです。
  • 家族関係や介護力、注意点など
  • 現在、退院前カンファランスで直接聞いたり、サマリでの情報提供ですが、現状で良いと思っています。

解らないことがあれば、直接電話させて頂きます。

対象の患者はどのような人ですか?(H26年5月統計から)

疾患別

1位:神経難病 29%
2位:脳血管障害 18%
3位:循環器、呼吸器、認知症等 各8.75%

年齢

30歳〜97歳  平均年齢77歳 75歳〜89歳の方が全体の約5割

介護度

要介護3以上が全体の約6割(介護保険の対象外の方、申請中を除いて)

夜間当番は月に何回くらいですか?

待機拘束時間

月〜金 17:30〜翌朝8:45
13:00〜翌朝8:45
日・祝日 8:45〜翌朝8:45
待機回数 3〜5回/月

常勤での雇用なら待機は必須になります。
(育休後の時間短縮勤務期間は、待機当番は免除しています。)

褥瘡がある人の治療方法は?

一時的な発赤ならば、フィルム剤貼付やアズノール軟膏等の塗布で様子を見ています。
悪化するようなら、主治医や皮膚科医に受診し、薬剤や処置剤を処方してもらいます。
何が原因かを判断して、対応策を講じています。

訪問看護をする前に必ず必要な知識は何ですか?

1人で利用者宅を訪問するので、観察・判断、それに伴う看護実践。又、今後起こり得ることを予測し、家族へ指導することが必要ですが、病院でも在宅でも、看護に違いはありません。
訪問看護の特性を再確認すれば良いと思います。

このページの先頭へ↑