健康経営について

春回会グループ健康経営宣言

医療・介護を通じて地域の方々に安心を提供するためには、まず私たち職員が心身ともに健康でなければなりません。そのために春回会グループとしては、働きがいのある明るい職場を作り、職員の健康管理を行い、健康経営に(健康づくり対策に)取り組んでいくことを宣言します。

 

健康経営基本方針

1.職員一人ひとりの健康が法人の基盤であるという認識のもと、職員が心身ともに健康で、安全に、活き活きと活動でき、能力を最大限に発揮できるよう心身の健康増進及び適正な職場環境の整備や制度の構築に取り組んでまいります。

2.健康に関する知識向上のための情報提供・教育や健康管理を充実させるとともに、各種健康維持増進施策の実践を通じ、職員の主体的・自律的な健康づくりを積極的に支援します。

3.本取り組みを通じて長期的な事業発展を実現し、春回会グループの社是である「医療・介護を通じて地域の方々に安心を提供する」を実現してまいります。

 

健康経営にかかる重点項目

1.健康管理体制の充実
定期健康診断・ストレスチェック健診の実施およびフォローアップ体制の強化。精検者への健診受診勧奨・実施

2.メンタルヘルス対策
相談窓口設置および啓蒙・周知、産業医・保健師による面談高ストレス者に対するアプローチの強化

3.健康増進活動の推進
特定保健指導の実施、喫煙者に対して禁煙受診への費用補助、運動機器施設室を時間制限あるが開放

4.職場環境改善
職場巡視による改善点について検討し改善計画・実施。有給休暇取得率や離職率を把握し問題点や課題がないか検討する。

健康経営推進体制

健康経営推進委員会は理事長を健康管理最高責任者とし、事業所責任者及び労働安全衛生委員会と連携して職員の健康増進のための取組を推進する体制としています。

 
%e5%81%a5%e5%ba%b7%e7%b5%8c%e5%96%b6