緩和ケア

ホーム > 緩和ケア

 緩和ケアとは、生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、痛みやその他の身体的問題、心理社会的問題、スピリチュアルな問題を早期に発見し、的確なアセスメントと対処(治療・処置)を行うことによって、苦しみを予防し、和らげることで、クオリティ・オブ・ライフを改善するアプローチであるとされています(2002年・WHOによる定義)。

出島病院(旧朝永病院)においては、1995年(平成7年)に、長崎県では初となる緩和ケア病棟を発足させました。 当初は12床でしたが、入院を希望される方が多くなってこられたことから、現在では20床へ増床しております。

今後とも長崎市における緩和ケアの普及に少しでもお役に立てるよう、努力してまいります。

▲個室

▲家族控え室

▲ご意見箱

▲談話室